参道に火が灯ると空気が変わる

厳粛な空間

清らかな情景

演出≒パフォーマンス

最近、

職業ガイダンスを企画している学校から依頼されて、

ブライダル業界に興味がある高校生向けに

「結婚式は誰のためにするものか」

「何のためにするものか」

という講義をしてほしい…と

頼まれることが増えました。

婚礼に長く携わった経験があることと

想いを熱く語るのは得意な方だということで

毎度抜擢されるわけなのだけど

女子高生の目を

キラキラ&ウルウルさせるのは

なかなか楽しい。

時々熱くなりすぎて涙が出そうになったり

自分で喋ってることに感動したり

めっちゃいいこと言ってる私!

と自画自賛したり

ぜひ、挙式する意味を知ってほしい

でも、結婚式って本当に厳粛なもので

飾りでも、パフォーマンスでもなくて

とってもとっても素敵な儀式だと思うのですよ。

それをきちんと伝えているプランナーや現場スタッフって

いったいどれだけいるんだろう…

そういう人が増えたら

おちゃらけた気持ちで挙式するカップルも

バージンロードを

半ふざけでクスクス笑いながら歩く新婦も

減るのではないかと思う。

こうして語れるのも、御縁なのです

私の大好きな婚礼の話を

また熱く語らせてもらえる機会を与えてくれた

専門学校学生時代の恩師に感謝、感謝✨✨

ホテル科卒なのに

ブライダルどっぷりでごめんなさい🤣

明日もまた

高校生を感動させに

行ってきまーす♡